Book

Sorry, it’s published only in Japanese language!

「手紙」  川地 琢世

Tegami cover

『遠くを感じたい』―思春期の〈僕〉はただそう夢見ていた。青年期を迎え、『自分らしく生きたい』との願いを抱いて住み慣れた故郷を離れ、そして日本をも飛び出した。移り住んだ街々でめぐり合う人達、人に悩み、人にはげまされながら『自分の家』を求めて歩いた道は、アメリカから地中海へと繋がり、北欧にまで辿り着いた。40を目前にした〈僕〉は漸く自分と正面から向かい合うことが出来るようになった。
春隣のフィンランド、遠くまで来て遂に見つけたもの、理解したこと、伝えたかった思いを託し、父へと贈る一通の手紙。

 

ご購入はこちらから  http://www.amazon.co.jp/dp/B00HH8VCBE